ABOUT

「正義という名の悪、悪という名の正義」をコンセプトとし、福澤が脚本・演出を手掛ける。

現代に生きる人々の心の弱さや醜さ、愛憎をメインモチーフとした重みのあるストーリー、

人が目にし、観た時の美しさに重点を置いたパフォーマンスを持ち味とし創作活動を行なっている。

また劇場公演以外に交流会イベントなど、創作の場を広げている。